top of page

2024年のフードデリバリー市場:伸びるジャンルとその詳細解説


2023年、世界規模で1兆5,240億米ドル、日本市場では7,800億円規模に達したフードデリバリー市場は、今後も成長が予想されています。2024年、特に以下の5つのジャンルは更なる伸びが期待されます。


1. 健康志向の高まりを捉えたヘルシーフード

* 糖質制限メニュー:糖質を抑えたメニューを提供することで、ダイエット中の方や健康志向の方のニーズに応えます。

* ヴィーガン・ベジタリアンメニュー:動物性食品を一切使用しないメニューを提供することで、菜食主義の方や動物愛護に関心のある方のニーズに応えます。

* 高タンパク質・低脂肪メニュー:タンパク質を豊富に含み、脂肪を抑えたメニューを提供することで、スポーツ選手や健康的な体づくりを目指す方のニーズに応えます。

* オーガニック食材を使用したメニュー:化学農薬や化学肥料を使用せずに栽培された食材を使用したメニューを提供することで、健康志向の方や環境問題に関心のある方のニーズに応えます。

市場規模:

* 世界の健康志向フードデリバリー市場は、2023年には約5,000億米ドル規模と推定されています。

* 今後も年平均成長率10%以上で成長し、2028年には約8,000億米ドル規模に達すると予想されています。

注力ポイント:

* ターゲット層に合わせたメニュー開発:ダイエット中の方、菜食主義の方、スポーツ選手など、それぞれのターゲット層に合わせたメニューを開発することで、顧客満足度を高めることができます。

* 食材の鮮度や品質へのこだわり:新鮮で高品質な食材を使用することで、顧客の健康を意識したメニューを提供することができます。

* カロリーや栄養成分の情報開示:カロリーや栄養成分の情報を開示することで、顧客が安心してメニューを選ぶことができます。

* 専門家やインフルエンサーとのコラボ:健康や料理に関する専門家やインフルエンサーとコラボすることで、ブランド認知度を高め、顧客の信頼を獲得することができます。


2. 高級レストランのデリバリーサービス

* 高級食材を使用したコース料理:高級食材を使用したコース料理を提供することで、特別な日や記念日を自宅で贅沢に過ごしたい顧客のニーズに応えます。

* 有名シェフ監修のメニュー:有名シェフ監修のメニューを提供することで、味にこだわりを持つ顧客のニーズに応えます。

* 特別な記念日やイベント向けのサービス:誕生日や記念日など、特別なイベント向けのサービスを提供することで、顧客に特別な体験を提供することができます。

市場規模:

* 世界の高級レストランデリバリー市場は、2023年には約1,000億米ドル規模と推定されています。

* 今後も年平均成長率15%以上で成長し、2028年には約2,000億米ドル規模に達すると予想されています。

注力ポイント:

* 高級感のあるパッケージや配達サービス:高級感のあるパッケージや配達サービスを提供することで、顧客に特別な体験を提供することができます。

* 特別な顧客体験の提供:レストランでの食事と遜色ないような特別な顧客体験を提供することで、顧客満足度を高めることができます。

* 希少価値の高い食材やメニューの開発:希少価値の高い食材やメニューを開発することで、顧客に特別な価値を提供することができます。

* 顧客とのコミュニケーション:顧客とのコミュニケーションを丁寧に行うことで、顧客の信頼を獲得することができます。

3. 地域特化型のフードデリバリー

* 地元の食材を使用した料理:地元の食材を使用した料理を提供することで、地域の魅力を顧客に伝えることができます。

* 地域の隠れた名店:地域に根差した名店を発掘し、顧客に紹介することで、新たな顧客を開拓することができます。

* 伝統的な郷土料理:伝統的な郷土料理を提供することで、地域の歴史や文化を顧客に伝えることができます。

市場規模:

* 日本の地域特化型フードデリバリー市場は、2023年には約1,000億円規模と推定されています。

* 今後も年平均成長率10%以上で成長し、2028年には約2,000億円規模に達すると予想されています。

注力ポイント:

* 地域の魅力を伝えるコンテンツ:地域の魅力を伝えるコンテンツを作成することで、顧客の興味関心を高めることができます。

* 地元のお店との連携:地元のお店と連携することで、地域経済の活性化に貢献することができます。

* 季節限定メニュー:季節限定メニューを提供することで、顧客に飽きさせない工夫をすることができます。

* 配達エリアの拡大:配達エリアを拡大することで、より多くの顧客にサービス


4. サブスクリプションモデル

* 定額料金で一定回数利用できるサービス:定額料金で一定回数利用できるサービスを提供することで、顧客の利用頻度を高めることができます。

* 週替わり・月替わりメニュー:週替わり・月替わりメニューを提供することで、顧客に飽きさせない工夫をすることができます。

* 配達無料特典:配達無料特典を提供することで、顧客の利用を促進することができます。

市場規模:

* 世界のフードデリバリーサブスクリプション市場は、2023年には約50億米ドル規模と推定されています。

* 今後も年平均成長率20%以上で成長し、2028年には約200億米ドル規模に達すると予想されています。

注力ポイント:

* 料金プランの多様化:顧客ニーズに合わせた料金プランを提供することで、顧客満足度を高めることができます。

* 顧客ニーズに合わせたメニュー開発を行うことで、顧客の利用頻度を高めることができます。

* 限定特典やクーポンを提供することで、顧客の利用を促進することができます。

* 顧客満足度向上に努めることで、顧客の継続率を高めることができます。


5. アルコールデリバリー

* ビール、ワイン、日本酒などの酒類を提供することで、自宅で気軽に飲酒を楽しみたい顧客のニーズに応えます。

* 酒類とフードのセットメニューを提供することで、顧客に新たな価値を提供することができます。

* バーテンダーによるカクテル作りサービスを提供することで、顧客に特別な体験を提供することができます。

市場規模:

* 世界のアルコールデリバリー市場は、2023年には約300億米ドル規模と推定されています。

* 今後も年平均成長率15%以上で成長し、2028年には約600億米ドル規模に達すると予想されています。

注力ポイント:

* 年齢制限や飲酒運転防止対策を徹底することで、社会的な責任を果たすことができます。

*多様な酒類を取り揃えることで、顧客のニーズに応えることができます。

* フードとのペアリング提案を行うことで、顧客に新たな価値を提供することができます。


6. その他の注目ジャンル

* 夜遅い時間帯のデリバリー:夜食需要に対応することができます。

* ペットフードデリバリー:ペット owners のニーズに応えることができます。

* 朝食デリバリー:忙しい朝に時間がない顧客のニーズに応えることができます。


フードデリバリー市場は、今後も進化し続けることが予想されます。これらのジャンルを参考に、新たなビジネスチャンスを探してみてはいかがでしょうか。


参考資料

* Statista - Global Food Delivery Market Size: [無効な URL を削除しました]

* 矢野経済研究所 - フードデリバリー市場規模は2023年に7,800億円に拡大: [無効な URL を削除しました]



コメント


bottom of page